本文へスキップ

依存症・家族問題・不適応問題の個別支援 浦和まはろ相談室

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-796-7630

〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2 二階堂ビル201

さいたま市(浦和駅)の家族・嗜癖・不適応問題の個別支援 浦和まはろ相談室

緊急のお知らせ(2020/03/30)
オンライン相談を始めます

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏でも外出の自粛が要請されています。そうした状況でも相談の機会を提供できるよう,当相談室ではオンライン相談を始めます。

■ギャンブル依存、ゲーム依存をはじめとした依存問題の相談
■学校休校中にゲームの時間が増えたので心配・・・
■外出自粛、アルバイトもなくなり、このままひきこもりになったらどうしよう・・・
■等々、ご相談ください。特に今の状況下では、適切なリスク評価と現実的な対応が大事です。

オンライン相談の詳細はこちらをお読みください


ようこそ、浦和まはろ相談室のホームページへ。


プログラムやシステム中心の支援から、人中心の支援へ
画一的な支援から、多様な支援へ
医療モデルから、生活モデルへ


浦和まはろ相談室は、その人とその人の持つ問題の本質をできるかぎり正確に理解する努力から始めます。本来はあたりまえのことです。(見立て)

残念なことに、今の相談・支援の現場では、それがきちんと行われていません。表面的な症状・問題を消すことばかりにとらわれています。(生活づくり、環境調整、人生支援)

流れ作業やワンパターンではなく、じっくり話し合いながら、それぞれに合う解決策を一緒に考えます。小さいからこそできる細やかな対応を心がけています。(個別支援・主体性の尊重)


浦和まはろ相談室は…
■問題を抱える方の特徴と問題の背景をできるかぎり正確に理解するよう努めます。
■本人・家族が変われる部分と変われない部分を見極め、積極的に環境調整支援を活用します。
■教科書的・機械的に決まったプログラムに導入するような支援ではなく、それぞれに合う個別支援計画を本人・家族と共有します。
■家族相談では、家族とともに本人の理解を深め、適切な介入に向け家族に徹底的に寄り添います。
■人生に変化や小さなつまずきはつきもの。つかず離れず寄り添いつつ、スムーズな立て直しに協力します。

お知らせ

  • 日本自閉症協会から「発達障害の視点から見たギャンブル等の依存〜多様性の理解と適切な支援のために〜」という小冊子とリーフレットが発行されました(当相談室代表も協力しています)

    日本自閉症協会の方々のご尽力で意義深い資料ができました。当相談室代表高澤も協力しています。事例を通して多様な問題解決のプロセスを感じられるようになっています。事例のギャンブリングがパチンコに偏ってしまいましたが、ネット投票の割合が大きくなりつつある他のギャンブリングが違った様相を見せてくるのではないかと思うので、ぜひ第2弾、第3弾で改善していけるように、努力を続けていきたいと思います。

    タイトルには「発達障害」とありますが、発達障害の方々に対する支援の方法は、グレーゾーンの方、少し弱さや不器用さがある方、健常の方にも適用でき、役立つものです。「発達障害」というタイトルにとらわれずに、ぜひ、お読みいただきたいと思います。

    日本自閉症協会リンクからダウンロードできます
    http://www.autism-japan.org/izon/izon.htm


    (リーフレットの文章から)
    〜生活全体の再構築を〜 依存したくなった理由から考えよう

    今、ネットやゲーム、ギャンブルなどの依存問題がクローズアップされています。相談事例から、ある種の生きにくさを抱える方が相当数いらっしゃる事が分かってきました。

    彼らに対しては、「発達障害」の特性に配慮して、その人に合った無理のない生活と生きがいの獲得が依存から脱却することにつながると考えます。本冊子にそのための事例・解説・関連資料を掲載いたしました。

    主に、ご本人やご家族、支援者、特に従来の方法で効果が上がらないと感じておられる方々にご覧いただき、少しでもお役に立てたならば幸いです。

  • 当相談室における感染症対策について

    新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されています。また、この季節はインフルエンザの流行期にもあたります。当相談室では、感染対策として以下のような対応をとっておりますことをお知らせします。

    1 相談中は換気扇を回し、相談ごとに窓を開けて換気を行っています。
    2 手洗い用に石けんとペーパータオルを用意しています。手指消毒液も用意しています。
    3 相談室のテーブル、ドアノブなど適宜アルコール消毒を行っています。
    4 当分の間、スタッフはマスクを着用して相談を行います。相談者の方もできるだけマスクを着用した状態で相談をお願いします。当相談室にはマスクの在庫がございませんので、ご自身の分はご自身でご用意お願いします。
    5 加湿器を使用し、適切な湿度を保つようにしています(特にインフルエンザ対策として)。
    6 予約のある方で体調の悪い方は無理せずご連絡ください。予約日時の変更、可能な範囲での電話対応など何らかの代替策を考えます。

  • 消費税の増税にともなう相談料の改定は、当面行いません(再々延長)
    2019年10月1日から消費税が増税となりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、2020年4月以降も当分の間、相談料を据え置くことにしました。

    ※なお、埼玉県市町村職員共済組合の助成事業を使って相談を受ける場合については、会計年度に合わせての契約ができなかったため、2019年10月1日から料金を改定させていただいております。 詳しくは、共済組合の関連ページをご覧ください。
    http://www.saitama-ctv-kyosai.net/medical/counseling.html

  • 2020/03/25
    毎年、東日本大震災に関する想いを3.11に書いてきたのですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大という体験したことのない危機に私自身も戸惑い、今になってしまいました。

    東日本大震災によって今なお苦しい生活を送っている方々、原発事故によってさまざまな影響を受けている方々が希望を失うことがないよう、社会がそうした方々の支えとなりますように、また、亡くなられた方々には、永遠の安らぎが与えられますよう心からお祈り申し上げます。

    あの日から9年が過ぎ、今年は慰霊祭なども縮小され、あのときの記憶、あの体験から学んだことがややもすると薄れてきているような印象も受けています。改めて心に刻み直し、相談室として個人としてできることを続けていきたいと思います。そして、新たな脅威新型コロナウイルスについても、一日も早く人々の不安が解消され、平時の生活が戻るよう祈っています。

  • あけましておめでとうこざいます

    旧年中はたいへんお世話になりました。

    相変わらずそれなりに忙しい日々を過ごすことができました。「ギャンブル等依存症」や「ゲーム依存」をめぐっては、急速に医療化の流れが加速していますが、精神保健福祉領域で仕事をしてきた立場で振り返ると、何故20年前の経験(「うつはこころの風邪」という疾患喧伝をしたが、一律に新薬を処方するだけでは、さまざまな背景をもった「うつ」を治せず、20年の時を経て「子ども時代のことをちゃん聴取しよう」とか「環境を調整しよう」とか、そもそも超あたりまえにやらなければいけないことを、今さら大事ですと「一部で」いわれ始めたこと)を踏まえて、最初から同じ失敗をしないようにすればいいのにと不思議になります。

    私は、ギャンブリングやゲーミング、その他、さまざまな不適応問題の支援にあたっては、「もともとどういう人なのかをよく知ろう」「その人に合う環境を探そう」ということをずっとやってきています。本当に医療が必要な「部分」については、信頼できる医療機関と連携して対応しますが、それは極めて「一部分」であり、人生の問題を最初から医療に委ねるのはおかしすぎることだと考えています。本人も家族も「主体性」を失わずに問題に向きあってほしいと思います。そのための支援を追求し続けています。

    本年もさまざまフィールドで真摯に問題に向きあっている関係者等とのつながりを大切にして、自分の頭で考えて試行錯誤し、よりよい支援をともに見つけていきたいと思います。

    本年もよろしくお願い申し上げます。

  • 2019/05/24 毎日新聞地域面(埼玉)で記事にしていただきました
    当相談室での実践と支援の考え方について毎日新聞地域面(埼玉)で記事にしていただきました。とても丁寧に取材していただき、生活目線の記事を書いてくださった記者さんに心から感謝です。→記事へのリンク

  • 2019/05/01 開業満12年を迎えました!
    元号が令和に変わった本日5月1日、当相談室は、おかげさまで開業12年を迎え、13年目に入りました。干支が一回りしてしまったのですね。

    このところ「依存症」という言葉が急速に広まっていることで、逆に、ご家族・ご本人・相談・支援を担う支援者(支援機関)が「ギャンブル」「ゲーム」などの表面的な現象にとらわれやすくなっており、問題のとらえ方や支援の方向性がズレていることで、かえって追い詰められている事例に出会う機会がますます増えています。

    相談室で扱う問題は、多様で、個別性が高く、丁寧に生活に寄り添いながら解決の方法を考えていかなければいけない問題です。少しでも皆さまのお役に立てるよう、これまでの豊富な経験を活かして、ひとつひとつの出会い、見立てを今まで以上に大切にし、「一般論を教えて終わり」というような支援ではなく、徹底した寄り添い型支援を続けていきたいと思います。13年目もよろしくお願いします。

  • 2018/12/01 自転車・バイクをご利用の方へのお願い
    当相談室が入っている二階堂ビル前のスペースは、1階の店舗(整体院様、スポーツ用品店様)を利用する方の駐車・駐輪スペースです。自動車だけでなく、当相談室を利用される方の自転車・バイク等の駐輪もできません。近くの駐輪場をご利用ください。駐輪場の情報は、お問い合わせください。

  • 2018/05/29 月曜日の出張と相談予約について
    2018年1月から、原則として毎週月曜日夕方のリカバリーサポート・ネットワーク対面相談会(RSN対面相談会)に協力しているため、月曜日に当相談室での予約がほとんどとれない状態でした。6月から相談会開始の時間が遅くなり、自分自身の所用等がない月曜日は、10:00〜14:00頃の時間帯で相談予約を取れるようにしました。詳しくはお電話でお問い合わせください。

セミナー等のお知らせ当相談室代表 高澤がかかわっているもの)
※詳しくはリンクから各ホームページでご確認ください

  • 認定NPO法人ワンデーポートの家族個別相談に相談員として協力しています。毎週金曜日に予約制で行っています。詳しくはこちら(案内チラシ)でご確認ください。
  • 依存の問題の支援に携わる人たちの勉強会」(支援に携わる方、携わりたい方が対象です)
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年度の勉強会の予定に変更が生じています。ご確認ください。
  • 実績はこちら

予定の変更2020/03/30 updated

  • ワンデーポート家族個別相談に出張→4月10日(金)、17日(金)、24日(金)
    新型コロナウイルス感染拡大の影響により、第2〜第5金曜のワンデーポート家族相談は、当分の間、当相談室に会場を変更しています。したがって、金曜日も相談室に在室します。
  • リカバリーサポート・ネットワーク対面相談会に出張→4月6日(月)、13日(月)、27日(月)
    新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リカバリーサポート・ネットワーク対面相談会は、当分の間、当相談室に会場を変更し、グループ相談形式ではなく個別相談形式で実施します。日時も月曜夕方に固定せず個別に設定します。
  • 4月20日(月)…出張のためお休みします。(千葉県精神保健福祉センター)

浦和まはろ相談室浦和まはろ相談室

〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2
二階堂ビル201
TEL 048-796-7630