本文へスキップ

依存症・家族問題・不適応問題の個別支援 浦和まはろ相談室

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-796-7630

〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2 二階堂ビル201

相談室のご案内

ごあいさつ

ときがわ町のシュウカイドウ

開業当初の考え
埼玉県さいたま市、浦和駅東口から徒歩6分ほどのところにある小さな相談室です。私は、長く埼玉県立精神医療センター等でアルコール・薬物依存症のご本人、ご家族の相談に携わってきました。アメリカのある施設での研修を機に、「医療モデル」に限界を感じ、もっと暮らしに根ざした「生活モデル」での支援の一端を担える場をつくりたいと考えるようになりました。

依存問題、家族問題を中心に、さまざまな問題で悩んでいる家族のサポートをよりしっかりやりたい。回復支援施設をベースに、AAの12のステップのプログラムを徹底して実践するきっかけづくりがしたい。など、あれこれ希望を膨らませて、2007年5月に当相談室を開業しました。

開業後に見えてきたこと
開業後は、勤め人だった頃と違い、とにかくじっくり時間をかけてお話をうかがえるようになりました。特に、ギャンブルの問題、アルコールの問題、薬物の問題等で悩んでいる家族のサポート、DV被害者のケアなどには、力を入れて取り組んできました。時の経過とともに、表面に出ている「依存」だけをとらえて、「ギャンブル依存症」「アルコール依存症」「薬物依存症」などと、全て「依存症」のアプローチでくくってしまってよいのか?、「依存症は病気」といわれるが、逆に単純明快過ぎるのは、本質を見失うことになり危険なのでは?、12ステップを柱とした「依存症」のアプローチは優れたアプローチのひとつではあるが、万人に適用できるわけではないのではないか?、本質的な支援はもっと全人的な支援なのではないか?というような疑問を感じるようになりました。

考え方と支援の変化
実践を積み重ねる中で、一律に「定型的なアプローチ」にあてはめようとするのではなく、「その人・その家族に合った支援を一緒に悩みながら見つけていく」個別支援の形に相談のスタイルを変えてきました。表面に出ている問題だけを見るのではなく、本人、家族、問題、環境、社会の変化などを幅広くとらえて、考えるようになりました。結果として、元々の専門の依存問題、家族問題だけでなく、自立の問題、不適応の問題、背景にある発達障害や知的障害などにも守備範囲を拡げることができました。

相談室はこんなところ
開業当初は、細い路地を入った木造の古い建物で相談を行っていました。とても静かでよかったのですが、いかんせん場所がわかりにくく、利用者の皆様にはご不便をおかけしていました。2010年11月に現在のビルに移転し、浦和駅にだいぶ近づき、わかりやすい場所になりました。普通の居住用の部屋ですので、中の雰囲気は前とあまり変わらず、昭和の庶民の生活を感じさせる空間です。肩の張らないホッとする雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです。

今こそ「町工場」の時代
宇宙開発の部品に日本の町工場の技術が必要なように、スティーブ・ジョブスが商品の鏡面仕上げを日本の町工場に依頼したように、「相談の町工場」のようなイメージで、小さいからこそできる一人一人に合う細やかな対応を心がけています。もちろん、相談室の中だけで完結するのではなく、さまざまな支援との「つながり」「網の目」の中で、その人・その家族にとって「ちょうどよい生活」とはどういうものかを考えています。

代表プロフィール

代表の横顔
高澤 和彦(精神保健福祉士)

1963年浦和(現さいたま市)生まれ 新潟育ち
明治学院大学で社会福祉、精神保健、ソーシャルワークを学ぶ
埼玉県立精神保健総合センター、埼玉県大宮保健所を経て
埼玉県立精神医療センターで長くアルコール・薬物依存のソーシャルワークを担当
2007年5月 浦和まはろ相談室開設

伝統的な依存問題の支援の形である回復支援施設や相互援助(自助)グループとの連携は、長きにわたって一生懸命取り組んできました。ただし、それを一律にやっていくだけの支援はやめました。自分自身が援助専門職として何をすべきか真剣に頭を悩ませながらあれこれ工夫を続けています。特にアセスメントにはこだわりをもって取り組んでいます。

特にここ数年は、発達障害や知的障害の支援を参考にして、特性に応じて個別的に支援を組み立てる個別支援中心のやり方にシフトしました。一人ひとりの生活課題とそれに対応する支援についてイマジネーションをめぐらすことを大切にしています。

実績
保健・福祉関係の行政機関での仕事や研修・講演等も多数担当しています。→実績はこちら

専門分野での活動
■依存の問題の支援に携わる人たちの勉強会代表・運営委員(旧ギャンブルの問題の支援に携わる人たちの勉強会)
■認定NPO法人ワンデーポート家族相談 担当相談員
■薬物依存症回復支援施設 東京ダルク運営委員
■(元)アルコール依存症回復支援施設 みのわマック(ジャパンマック)運営委員

公職
■入間市健康福祉センター精神保健カンファレンス 助言者
■川口市介護給付等の支給に関する審査会(障害支援区分認定審査会)委員
■東京都立精神保健福祉センター 薬物相談事業事例検討会(アルコール・薬物合同事例検討会) 助言者
■東京都立精神保健福祉センター アルコール・ギャンブル家族教育プログラム 講師
■東京都立中部総合精神保健福祉センター 薬物関連問題事例検討会 講師
■東京都立多摩総合精神保健福祉センター 薬物・アルコール等相談 家族教室 講師/事例検討会 助言者
■千葉県精神保健福祉センター ギャンブル依存問題個別相談 相談員

相談室としての指定
■埼玉県市町村職員共済組合 カウンセリング指定機関
■ジャパンEAPシステムズ ネットワーク相談機関

名称の由来

「まはろ(MAHALO)」は、ハワイ語で「ありがとう」「感謝します」という意味です。“ma”=「〜の中に」、“ha”=「息」=「魂」、 “alo”=「〜の前に」の3つが合わさってできた言葉で、「あなたが魂の中にありますように」という深い意味があるのだそうです。
(ホームページ「ハワイ語をおぼえよう!!」から)

個人情報保護方針

守秘義務を遵守して個人情報の取り扱いには特に配慮しています。


浦和まはろ相談室浦和まはろ相談室

〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2
二階堂ビル201
TEL 048-796-7630