本文へスキップ

依存症・家族問題・不適応問題の個別支援 浦和まはろ相談室

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-796-7630

〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2 二階堂ビル201

思うこと

「思うこと」はこちらのブログに書いてます (2016/03/20)

浦和まはろ相談室 偏屈ワーカーのひとりごと

ギャンブル依存症再考~家族個別相談から見えてきたこと~ (2015/02/25)

2015年1月11日に、ワンデーポート家族セミナー「ギャンブル依存症再考~家族個別相談から見えてきたこと~」で私が話したことが載っている、ブログ「一歩通信」へのリンクです。

相互援助(自助)グループにどんどん紹介するのがよい支援者なのか? (2015/02/07)

先日、私の見立てと個別支援についての話を聴いたという、家族系の相互援助(自助)グループのメンバーと話をする機会を得ました。

「私たちのグループも新しいことを採り入れ、日々成長しています。だからぜひ、グループの存在を相談に来た方々に知らせてほしいです」というメッセージをもらいました。グループメンバーの立場としては、至極当然の意見です。また、そのメンバーさんは、自身の回復のために、グループをよくするために、グループの存在を外部に知らせるために、真摯に取り組んでいる姿勢が伝わってきました。

私はこんなふうに考えています。洋服屋さんにたとえると、そのグループはシャツの売り場です。以前は、シャツのサイズも色も1種類。少しずつ変えてきて、今ではXS~XLまでのサイズを取りそろえ、カラーバリエーションも増え、売り場は段々魅力的になってきました。まさに新しいことを採り入れて成長しています。

でも、私はズボンが必要な人には、ズボンの売り場を案内します。コートが必要な人には、コートの売り場を案内します。下着が必要な人には、下着売り場を案内します。その店にその人が必要なものがなければ、他のお店を案内するでしょう。もちろん、シャツが必要な人には、シャツ売り場を案内します。

表面に出ている問題だけを見て、その問題の看板を掲げているグループを誰にでも紹介できるわけではありません。情報提供、紹介、支援の組み立て等は、その人に必要なことを見極めて、支援者が責任をもって考えなければいけないことだと思います。と同時に、相互援助グループのメンバーも、自分たちは何ができるのかしっかり理解しておく必要があると思います。いくらシャツの品揃えがよくても、それは、ズボンやコートや下着の代わりにはなりません。店に入ってきた人が全てシャツが必要なわけではないことを自覚することも必要だと思うのです。

私自身、大学の卒論から相互援助グループに興味を持ち、とにかくたくさんの人を相互援助グループにつなげることが仕事であり、そうするのが相互援助グループの活動に理解があるよい支援者だと思っていました。しかし、相互援助グループではない支援が必要な人がたくさんいること、適性や必要性を考えないでつなげることは、長い目で見ると相互援助グループの有効性を損なってしまうことが見えてきました。

支援者も相互援助グループのメンバーも、いつの間にか「相互援助グルーブは誰にでも役に立つ」というような間違った思い込みを「あたりまえのこと」としていないか、点検してみることも必要だと思うのです。相互援助グループと支援者との真の協力関係とはどういうことなのか、答えが出るわけではありませんが、きちんと向きあわなければいけない時期に来ていると思います。

大阪市、生活保護費の一部をプリペイドカードで支給へ 橋下徹氏「管理するのは当たり前」 (2014/12/28)

大阪市、生活保護費の一部をプリペイドカードで支給へ」というニュースを読みました。

この記事を受けてワンデーポートの中村施設長が「生活保護をブリペイドカードで」というテーマで思ったことを書いているので、それも参考にしてみてください。


以下、私が思ったことです。

橋下さんという人が毎度の言葉の使い方で記者発表したようなので、私も感情的に反発してしまうところはありますが、○か×か、よいか悪いかではなく、これは一度冷静に考えてみてもよい問題だと思います。

金銭の消費を見通しをもって行うことが苦手な方たちに、月1回ポンと保護費が渡されることは、逆に人権問題にはならないのでしょうか? 生活保護の現場はとても忙しく、窓口支給が減り、銀行振込で担当ワーカーの顔すら見ることなくお金だけが入金される比率も増えていると思います。

こうした金銭管理が苦手な方々が毎月のようにお金を使い果たして、人間らしい生活ができなくなっているとしたら、それを放置することは、人権問題ともいえるのではないかと思うのです。ここに対するサポートを考えるという点では、プリペイドカードや使用履歴の活用は、一石を投じていると思うのです(もちろんプリペイドカードの導入や使用履歴を利用をするにあたり、権利の侵害や個人情報の問題等々さまざまな問題をはらんでいることは理解しているつもりです。反対表明等も大切な運動であると思います。ただ、この文章では「金銭管理が苦手な人の支援」という観点から考えていることをご理解ください)。

ある生保ワーカーさんは、ギャンブルの問題のあるケースに対し「役所的にはNGなんだけど、ご本人の了解をもらった上で週ごとにお金を渡してるんですよ。でも、ずっと私が担当し続けられるわけじゃないし…」と苦悩を語っていました。私がその方のこれまでの生活等を評価し直しても、依存問題がなくなれば金銭管理ができるようになるケースである可能性は低く、お金の管理を含めた生活支援が必要だと見立てました。この方はグループホームの利用が検討され始めました。このようにお金の管理を手伝うことで、生活が崩れにくくなる人たちは確実に存在していると思います。

私の相談でも、「ギャンブル依存症」と誤認されていたり、「ギャンブル依存症」の支援では全く効果がなかったりした方たちが、ご家族が金銭管理に関与することで生活できるようになっていて、なおかつ、サポートを受けているご本人も「生活しやすくなった」と肯定的にとらえている事例がいくつもあります。

「合理的配慮としての金銭管理サポート」は、これまでの依存問題支援でも、福祉サービスでも盲点だったのではないかと思うのです。「金銭管理ができる」と誤認されている「金銭管理が苦手」な方たちにどのようなサポートが必要なのか、安全でその人の尊厳を侵害しないサポートはどのような形がよいのか、これまた一律にならないように、日々の実践を通して発見し、提言していく必要があると感じました。

もちろん、大阪市の試みが強権的な方向に行かないよう、私たちはしっかり市長と役所を「監視」していく必要がありますね。

「その人らしい暮らし」に至る道筋の多様性 (2014/09/11)

病院で主に薬物の支援をしていた頃に、保護司さんや人情社長のような方に支えられ、薬物をやめ続け、仕事も頑張り、自分なりの生活を取り戻している人たちがいるという話を研修で聴いたことがありました。今になってみると、その人は信頼できる羅針盤のような人と出会い、自分らしくいられる場と出会い、自分を活かせる仕事と出会った。つまり、自分にあう環境に導かれたということなのではないかと思えます。当時、相互援助グループと12ステップにはまっていた私は、相互援助グループに参加せず、12ステップをやっていない生活は、「質が悪いに違いない」「本物じゃない」と思っていました。その後、非行、発達障害、知的障害などの支援を通して自分らしい生活をしている人たちの存在を知るようになって、私の勘違いを思い知ることになりました。

相互援助グループの経験知や12ステップのプログラムを「現実の自分の生活」に照らし合わせながら、試行錯誤したり、その過程で仲間や先ゆく人の背中を見たり、助言を聴いたりできる。それを踏まえて自分で考えて自分に望ましい環境を探したり、与えられた環境に合わせていったりできる人は、相互援助グループに参加しながらバランスのよい生活をつくっていける方なのであろうと思います。

「依存症」という考え方が広まって救われた人がたくさんいることも事実だと思います。一方で、それが「依存という現象だけが似ている人たち」にも「依存症」という見立てや「依存症」の支援が安易に適用されるようになった現実もあると思います。また、ここ数年、相互援助グループの再興運動が盛り上がっています。相互援助グループがもつ問題をよい方向に改めていきたいという行動は尊いものだと思います。一方で、「現実の生活」と乖離して相互援助グループや12ステップが目的化し「これをやれば変わる」「これをやらなきゃ大変なことになる」というような危険な方向に傾いている人たちがいることや、自分で考えたり、情報を吟味したりする力が弱いために、そうした言葉を鵜呑みにしてしまう人たちがいることも残念ながら事実だと思います。

支援やその人らしい生活をつくっていく道筋は多様であり、その人を理解しようとする努力とかかわりを続けながら、ともに試行錯誤しながら進んでいくものなのだと、遅ればせながら思う今日この頃です。

家族相談と家族教室(セミナー) (2014/07/15)

家族相談をやっていると、「(ギャンブル)依存症」の支援につながっているのにうまくいっていないということで相談に来られる方がいます。そうした方々にほぼ共通しているのが、本人の生育歴・生活歴・家族歴を聴かれたことがないということです。

私は、生育歴・生活歴・家族歴をかなり丁寧に聴き取るようにしています(しつこくてすみません)。話を聴き始める前に、また折々に「できるだけ具体的に聴くことの意味」を説明して聴き取りを進めていきます。例えば、「高校卒業」といっても、単に「高校卒業という学歴」を聴き取るわけではありません。その人の高校時代の学校での、家庭での、学校・家庭以外での生活ができるだけイメージできるように、いろいろな角度から質問していくようにしています。

中には「そんなことを聴く必要があるのか。ギャンブル依存症や借金の対応を早く教えてくれ」という家族もいます。残念なことに多くは、他の支援機関や相互援助グループ等でこうしたことを聴かれないままに助言を受ける経験をしている方々なのです。

私がなぜ生育歴・生活歴・家族歴を丁寧に聴くかというと、その人のことを「理解」するためです。もちろん家族からの話でその人のことが完全に理解できるではありませんが、

「こんな生活をしてきたんだな」
「元々こういう力はありそう。このあたりの力は弱そう」
「この時期は割とうまくいっている。その要因はこのあたりかな?」
「家族はギャンブルが原因だと思っているけど、もっと前から生活は成り立ってないじゃない」
「子ども時代からのこんな特徴があったのか」   etc…

いろいろなことが見えてきます。(なかなか見えてこない場合もありますが、それは家族のアセスメントとも関連するので別の機会に)

それらを踏まえて私なりの見立てをして、「その人をどうとらえるのか」「問題をどうとらえるのか」などを家族と共有するよう努力します(もちろんうまくいかないときもありますが)。その上で当面手を打たなければならない問題を具体的にどう対応するかなどをともに考えていきます。

生育歴・生活歴・家族歴をきちんと聴くことなしに、「依存症とはこういうものだ」「依存症の正しい対応はこう」などということはあり得ないと思うのです。一歩踏み込んでいうと、こういう助言や学習が問題を長引かせていることも少なくないと思います。さらにもう一歩踏み込んでいえば、「本人の理解」をせずに、「依存症という病気を理解」するために勉強してしまう。客観的に見るとそれが本人の困りごとや問題などと全然重なっていないということも非常に多く経験するのです。

「いやいやちゃんと生育歴・生活歴・家族歴聴いてるから」という支援機関もあると思いますが、それは単にルーチンの仕事として聴いているだけになっていないでしょうか?、せっかく聴き取った情報を活かせているでしょうか?、いわゆる「現病歴」や「問題の経過」だけの聴き取りになっていないでしょうか? そのあたりの点検は必要ないでしょうか?

家族相談での見立てや方向性の整理なしに、依存症の家族教室(セミナー)、家族プログラム、家族グループ等に参加することの危険性に、私たち支援者は目を向けていかなければならない時期にきているのではないかと思うのです。

埼玉新聞の記事-ギャンブル依存 多様な背景 生活面から個別支援 専門家ら対応本を出版-(2012/08/29)

パチンコなどにはまり生活費を使い果たしたり、多額の借金をしてしまう”ギャンブル依存”。問題に長年かかわってきたさいたま市内のケースワーカーや回復支援施設が、従来の「依存症治療」の枠にとらわれない多様なアプローチを提案した「本人・家族・支援者のためのギャンブル依存との向きあい方」(明石書店刊、2100円)を出版した。ギャンブルにはまり問題を起こす人の多くが、ギャンブルに出会う前から金銭管理や就労困難、発達障害など生活上の多様な問題を抱えていることに着目し、個別状況に応じたきめ細かい支援の必要性を訴えている。

記事全文

ブログ『心の家出』の記事 「セミナーでのシンポジウム」 (2012/08/09)

セミナー「依存症」支援の現状と課題

この「依存症」とカッコつきでの表記に意味があるのだそうです。

午前中は西村先生の講演。午後は3人のシンポジウムとパネルディスカッションでした。沖縄の西村先生、ワンデーポートの中村さん、三重ダルクの市川さん、浦和まはろ相談室の高澤さんら。この新しい潮流を何と呼んだらいいのでしょうか。

構造主義(structuralism)というのは元は言語学の方法論でした。それが、現代思想として転用されあらゆる領域に広がっていきました。表層にある現象ではなく、潜在する構造を解き明かすことによって体系を把握あるいは操作しようという立場です。

古典的な「依存症」へのアプローチは、アディクションの「酒を飲み過ぎる」とか「ギャンブルに耽溺する」という表層の事象を捉え、その原因を単一の疾病概念に求め、治療も全員に共通するやり方があっていいはずだという考えでした。

それに対して、同じアディクションに見えても、いわゆるアディクションタイプの他に、発達障害、知的障害、精神障害、キャパシティの小ささ、若年による経験不足など、様々な原因・背景があることを解き明かし、個々のニーズにあわせた支援を組み立てていこうとする立場が生まれてきました。それがこのセミナーの趣旨でもあります。

この新しい方法論に対して、アディクション支援における「構造主義」という言葉を使ってみるのはどうでしょう。

まあちょっと構造主義概念の濫用かもしれませんが、経済学や生物学の構造主義なんて、元の言語学の概念からはかなり離れた概念に対して構造主義の言葉を使っていることだし、いいじゃないですか^^;

http://kokoiede.exblog.jp/d2012-08-09/

娯楽産業協会の記事-RSN 横浜で依存問題の支援に携わる人たち集まり勉強会-(2012/05/14)

ぱちんこ依存問題相談機関のNPO法人リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は5月13日、神奈川県司法書士会館3F(横浜市中区)において、「依存の問題の支援に携わる人たちの勉強会」と協力、依存症支援の現状と課題セミナーを開催し、約80名が参加した。

ギャンブリング依存問題をはじめアルコール・薬物依存を含めた「依存症」支援の現状と課題について、稲村厚氏(運営委員)の司会で、西村直之代表(RSN)が基調講演。西村代表は、「依存」という言葉が21世紀になって流行語のように多くの人に使われていることについて、依存が市民権を得たと歓迎。一方で、依存問題の支援に携わる側としては、逆に複合した問題、混乱が生じていると警鐘を鳴らした。アメリカでの80年代「アディクション」(依存or依存状態の意)ブームの弊害を例に掲げて、本当に依存問題で悩んでいる声なき声の人に手を差し伸べられるネットワークづくりのさらなる連携と構築に協力を呼びかけた。

午後からは、「現状と課題」として3領域・中山進氏(アルコール領域)、市川岳仁氏(薬物領域)、中村努氏(ギャンブル領域)が担当。その後、参加者全員参加のパネルディスカッション(高澤和彦運営代表の進行)で、ネットワークづくりと人的連携をさらに緊密とした支援策について再確認をおこなった。なお、会場の神奈川県司法書士会館3F(横浜市中区)では、「依存問題基礎講座」を月1のペースで開催(6月3日~)。ギャンブルの問題を持つ家族のためのセミナーも同じく月1ペースで開催(直近は6月3日開催)している。依存問題についての家族教室・相談、セミナー等の日程などについては、ワンデーポートまたはRSNまで。

http://www.goraku-sangyo.com/archive.php?eid=01690

中日新聞の記事-ギャンブル依存 発達障害がある場合も -(2011/02/10)

 「ギャンブルにのめり込んでいる人の中には、発達障害の人がかなりいる」。こんな見方が、ギャンブル依存者の回復を支援する専門家の間で認識され始めた。入所型の回復施設「NPO法人ワンデーポート」(横浜市瀬谷区)は、発達障害がある人に合わせた回復プログラムを実施し、成果を上げている。 (白井康彦)

 「発達障害の知識を持たずに運営したのは間違いだった」。ワンデーポート施設長の中村努さんは、1月中旬、広島市で開いたシンポジウム「依存問題を発達障害から考える」で率直に反省の言葉を述べた。
 ワンデーポートの設立は2000年。開設後四年ほどは、入所者全員を「依存症」として支援してきた。その後、「発達障害がある人がギャンブルにはまっている場合、依存症という概念で考えない方がいいと分かってきた」という。
 病的なギャンブル依存者の多くは、パチンコや競馬などのギャンブルに金をつぎこみ、家族が借金を肩代わりしても、またギャンブルにのめり込んで借金を膨らませる。やめたくてもやめられず、本人が犯罪に走ったり、家族が崩壊したりする例も少なくない。
 アルコール、薬物などの依存症の人の回復に向けては、当事者たちによる定期的なミーティングがよく実践される。仲間の体験談を聞く中で、自らの行動を反省し、ブレーキを利かせる試みだ。ギャンブル依存にも、定期的なミーティングに取り組む「GA」と呼ばれる団体が各地にあり、ワンデーポートも、ミーティングを回復プログラムの柱に据えてきた。
 そうした中、中村さんが気づいたのが、想定外の反応を示すギャンブル依存者の存在。「通常のミーティングに繰り返し参加しても変化がなく、のほほんとした印象の人たちがいる」

 神奈川県の三十代男性Aさんもこのタイプだ。小学生のときから一つのことにこだわる傾向が強く、同じものばかり食べたり、ゲームに異常に熱中したり。忘れ物が多く、整理整頓も苦手だった。高校二年のとき、パチンコに熱中。大学卒業後、就職したものの、スロットにはまって借金をつくり、退社した。
 その後は仕事をせず、スロットで勝つことに集中。それなりの収入になる時期もあったが、結局、借金が膨らみ、病院で「広汎性発達障害」と診断された。08年6月から約1年間、ワンデーポートに入所。発達障害の人を対象にしたミーティングに参加した。
 ワンデーポートは、社会性やコミュニケーション能力が乏しい発達障害の人も回復できるようにと、08年から、従来のミーティングのほかに、発達障害の人向けのミーティングを定期的に開いている。発達障害の人だけが集まり、その人なりのペースで自分と向き合える。Aさんはその後も、ミーティングに通い、今は平穏な生活だ。

 さいたま市の浦和まはろ相談室代表で、精神保健福祉士の高澤和彦さんは「発達障害があって、自立した社会生活を営みにくい人が、ゲームに熱中するような感じで、パチンコやスロットにはまるケースが多いのではないか」と推測(注1)。
 その上で、一般的なミーティングに参加しても「他者の話を聞いて共感するといった力がないので効果が出にくい。他の参加者から『やる気がない』などとみられやすい」と説明する(注2)。
 中村さんや高澤さんは、発達障害があるギャンブル依存者には、独自の回復プログラムが必要だとして、「自分たちが気づいたことを少しでも伝えていきたい」としている。

下線部分は、講演で話したことなので、私(高澤)の言葉足らずなところがあったと思います。言葉を補うと…

(注1)
「発達障害があって、自立した社会生活を営みにくく、社会に居場所がないと、逃げ場としてパチンコやスロットを使うことにつながりやすい。また、以前からゲームなどに親和性が高いと、それに近いパチンコやスロットに移行しやすい。一度パターンができてしまうと、今度はそのパターンを変えるのが難しい。こうした経緯ではまるケースが多いのではないか」と推測。

(注2)
その上で、一般的な依存症のミーティングに参加しても「他者の話を聞いて共感する力、話の内容を誤解なくとらえる力、仲間との関係を築く力などが弱いことがあり効果が出にくい。そのような特性があるためにミーティングでは変化が出にくいのだが、他の参加者から『やる気がない』『底をついていない』などと誤解され、逆に傷つくことにつながりやすい」と説明する。

○月○日

施設写真

工事中です。今後、思ったこと、考えたことなどを書いていきたいと思います。



浦和まはろ相談室浦和まはろ相談室

〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2
二階堂ビル201
TEL 048-796-7630