本文へスキップ

依存症・家族問題・不適応問題の個別支援 浦和まはろ相談室

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-796-7630

〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2 二階堂ビル201

予約方法

予約について

越生梅林の梅

完全予約制です。あらかじめ電話で予約をおとりください。
TEL:048(796)7630

  • 相談中は留守電対応になります。
    こちらから連絡して差し支えない場合は、以下のポイントについて簡潔にメッセージを残してください。
    @お名前
    Aご用件(どなたの、どのような問題での相談かなど)
    Bかけ直し希望のメッセージ
    Cかけ直し先の電話番号
    Dかけ直し可能な時間帯
    上記のポイントについてメッセージを残してくださった場合には、後ほどこちらから連絡します。

    ■仕事の都合等で当日連絡できないこともあります。当日中に連絡が行かなかった場合には、恐れ入りますが、翌日以降にもう一度お電話お願いします。

    こちらからの連絡が不都合な場合には、お手数ですが何度かかけ直しをお願いします。
  • 予約のない来室には対応できません。
  • 9:30〜10:00頃、12:45〜13:30頃は、比較的電話がつながりやすい時間です。相談と相談の間にも電話に出られる時間があります。

予約〜相談の流れについて

  1. 電話予約
    ■まず電話をいれてください。
    ■お困りのこと、どなたの、どのような問題で相談したいのかなどを簡単に(5〜10分程度)うかがいます。こちらからもいくつか質問をさせていただきますので、少し話のやりとりができるような落ち着いた場所(駅のホームや街中などではないような)からお電話をお願いします。
    ■その上で、初回相談の当日においでいただく方を決め、予約の日時を調整します。初回相談当日お持ちいただきたいものをお伝えします。

  2. 初回相談
    ■初回相談を受けていただきます。じっくりと時間をとってお話をうかがいます。お聴きすることは、以下の3つが柱です。
     @「困っていること・問題の経過」
     A「家族構成・家族の状況」
     B「問題を持っている人の生い立ち」
    ■得られた情報をもとに「見立て」をお伝えします。
    ■今後の方向性を共有し、当面の計画を立てます。
    ■他機関の利用が望ましい場合、どのような機関を利用したらよいのか一緒に考えます。そのような場がない場合、マッチングが難しい場合など紹介できないこともありますのでご了承ください。

  3. 継続相談
    ■継続面接やその方に適した外部のプログラム等を活用し、問題の整理のお手伝いを進めていきます。


よくある質問

継続して通い続けることが難しいのですが、一度だけでも意味があるのでしょうか?

もちろん意味があります。そのような相談も歓迎しています。当相談室には、首都圏だけでなく、ありがたいことにさらに遠方から相談においでいただいています。距離的な問題、経済的な問題、相性の問題もありますから、最初から継続して通うことを意識しなくても結構です。まず、情報を整理し、どのような問題なのかを見立て、解決の方向性を大まかに定めるだけでも、やみくもに問題に対処しなくてもよくなり、エネルギーの浪費が減って余裕が広がるなど、とても意味があると思います。
遠方の方や密な状況把握が必要な時期にある方などについては、必要に応じてメールや電話でのサポートも行っており、相談の間隔が開いてしまうハンデを補う工夫もしています。

問題を持つ本人は行く気がないんですけど…

当相談室は、このような家族だけの相談を非常に多く手がけています。実は、最初から本人が登場することが必ずしもよいことであるとは限りません。むしろ、家族から丁寧に情報をお聴きして、家族と一緒に問題の理解を共有し、解決の方向性のねらいを定め、落ち着いて対処できる態勢をつくってから、本人への介入を考える方が、あわてて本人を相談等につなげるよりも効果的であることが多いのです。
また、ケースによっては、本人には会わなくても、家族の理解や対応を変えていくだけで、問題を落ち着かせたり、解決したりすることができることもあります。問題を持つ本人を来させることにこだわらないで、今動くことができる家族が相談においでになることを強くお勧めします。

経験豊富な精神保健福祉士が相談に乗っている強みはどんなことですか?

精神保健福祉士は、精神保健福祉士法に定められた国家資格です。いわゆる「心理カウンセラー」とは違う、生活や社会との関係の視点を持って相談にあたる人だと思っていただければよいと思います。国家資格を持っていれば質的に確実に担保されているということでもありませんが、国家資格を有するということは、精神保健福祉に関する勉強をひととおり修めて、一定の知識は持っているという判断基準にはなると思います。
気をつけなければならないのは、この業界には、さまざまな民間資格のようなものを肩書きにつけた「自称カウンセラー」の存在です。そうした方々の行う相談が一概に問題があるというわけではありませんが、あやしいもの・人が存在するのも事実なので注意が必要です。
一方で、資格はなくても素晴らしい実践をしている信頼できる支援者も知っているので、支援者をどう選ぶかは人生を左右する重要な問題だと思います。
また、相談というものは、その問題に関係する知識や経験だけでできるものではありません。例えば、私の専門のひとつである依存問題の相談をするにあたっては、「依存症」のことだけを知っていればよいというわけではありません。一見、「依存症」に見える問題行動が、実は発達障害によるこだわりであったり、知的障害があるために自制が困難だったり、不適応の結果の表現型であったりすることもあります。出されている薬が合わずに「依存症」に似た行動が現れることもあります。これらも知識と経験がないと見逃され、「依存症」の支援の枠組みに組み込まれて、合わない支援の押しつけが起こることもあります。脳腫瘍などの重大な身体疾患に気づいたこともありました。
また、必要に応じて、さまざまな制度やサービスを使わなければならないこともあります。こちらには、福祉系の知識と経験が役に立ちます。
手前味噌ですが、医療機関・公的相談機関等での20年以上の実践経験が役に立っていると感じることがあります。相談は、とても慎重さを求められる作業です。


浦和まはろ相談室浦和まはろ相談室

〒330-0056
埼玉県さいたま市浦和区東仲町19-2
二階堂ビル201
TEL 048-796-7630